「リ・ポジショニング戦略」を読みました。

今、業務として考えていることの気付きを与えてくれた本でした。

著者は「ポジショニング」というコンセプトで知られるジャック・トラウト。その彼が「ポジショニング」を伝える際に付け加えていた「リ・ポジショニング」という考えに焦点をあてたのが、この「リ・ポジショニング戦略」です。

「リ・ポジションニング」の考え方は「競合の強みの合間にある弱みを見つけ、そこをつく」と僕は理解しました。確かにフォロワーがリーディングカンパニーを追い上げる際、武器になるのはちょっとした弱みであることが多いです。

その弱みの改善は大多数のユーザーに求められている場合がほとんどです。この点を本では「誰もが共感できる攻撃をする」という言葉で表現されています。

この時点で、僕は頷きっぱなしになってしまいました。

そしてもっとも印象に残ったのは「答えは大体当たり前のこと。タイミングよく、そこを実現する」という言葉でした。それはわかりきっていることです。でも、できない場合がほとんど。なぜなら、変化を決断する勇気を持てないから。そしてタイミングを見極める観察力が欠落しているから。この言葉を読んだとき、そんなことが頭の中に浮かびました。

こうやって考えると「リ・ポジショニング」は困難を極めることだと思います。しかし、「リポジションニングは消費者の心を変えるのではなく、認識を少しずつ調整していくもの」とジャック・トラウトが述べているように、変えようとするのではなく、自らの強みを今の消費者にマッチしたところにリ・ポジションしていくことができたら、意外とスムーズにできてしまうのではないのでしょうか? もちろん、根気は必要ですが。

というふうに、「リ・ポジショニング戦略」はいろいろと気づいたり、考えさせてくれました。どこかのタイミングでまた読み返すことがありそうな本だと思います。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

スポンサーリンク