語学勉強さようなら。もうグーグル翻訳があれば大丈夫♪

今日、グーグル翻訳のアンドロイド版「Google Translate for Android」の最新版が発表された。

その最新版には僕が昨年秋のad:techで「いいね!」と思っていた、会話モードが搭載されていた。マイクに向かって日本語でしゃべると、外国語に翻訳し、喋ってくれるという、「同時通訳を掌に!」という感じの機能だ。

早速、試してみた。

●日本語→英語
小さい声で話してもしっかり翻訳してくれる。いつも話している口癖もちゃんと英語に置き換えてくれた(たぶん…。英語に疎いのでそれが正しいのか、よくわからないので…)。

●英語→日本語
helloやThank youなどといった簡単な英語はスムーズに訳してくれた。しかし、ちょっと長めの英語は反応なし。恐らく(いや確実に)発音の問題。ていうか、日本人の僕には必要ない翻訳。

とにかく、これさえあれば、どこの国にいっても言葉で苦労することは無くなるかもしれないと思わせてくれるものだった。まだベータ版らしいので、今後、機能改善を進めてくれると、ますます利便性が高まるはずだ。

こうなってくると語学を勉強する必要なんてあるのかな?と思ってしまう。翻訳なんてツールにまかせて、知識、教養、交渉術、ユーモア、マナーなど、語学以外のスキルを徹底的に磨くべきという時代になるような気もする。

なんて書くと「大げさだな」と思われそうだが、「Google Translate for Android」を実際に試してみると賛同いただけると思う。

何はともあれ、「Google Translate for Android」使って、早く外国人とコミュニケーションを取ってみたいなぁ。

スポンサーリンク

0 件のコメント :

スポンサーリンク